ピアノレッスンブログ

ジャズピアノやポップスのピアノの練習方法や人生の中で楽しく続けていくための記事を書いていきます

ピアノ 弾けないところを弾けるようにするための2つの鉄則

こんにちはピアニストの森田竜也です。

ピアノ教室も運営させていただいております。

 

今日はピアノを弾く方へ向けた効率の良い練習方法をシェアしたいと思います。

いいなと思っていただけたらぜひコメントやご連絡などお気軽にくださいね。

 

先日に下記の動画をYouTubeにアップしたので、是非ご覧になってみてください。

【動画で 10分ピアノレッスン】弾けないところを弾けるようにする 2つの鉄則! - YouTube

 

動画の要点をブログではいきなりまとめてお伝えします。

  1. 弾けないところを見つける
  2. 見つけたら片手ずつ練習
  3. 一度原曲のテンポより下げて一定のテンポ(揺らがないように自分の中でテンポを安定させて) ゆっくり弾く

という大きく3つのことを動画では解説してます。

これを練習に取り入れるだけで格段に楽曲の完成度は高くなると思いますので、是非取り入れてみてください。

詳しくは動画では解説してますので、是非ご覧ください。

 

それではありがとうございました。

 

森田竜也

 

オンラインピアノレッスンもやっておりますので、下記ホームページのご予約フォームよりお気軽に体験レッスンもお申し込みください。

森田竜也 ピアノ教室

 

 

ピアノの練習 ''とにかく1つを継続しよう''

今日はこんなタイトル。

 

''まず1つを継続し続けること''

それはとても大変なことです。

しかしながらこれが出来る人は本当に’’強い''です。

どんな分野でもそうだと思いますが、音楽や楽器の練習と言った分野でよりこれは大切なキーワードになると思います。

そして継続することは自分の中の自信にも繋がります。

そして、これが後々のその人の大きな財産になると思います。

 

継続することですぐに結果は出なくともなんらかの形である時ふと、実感する時が来るのです。

ですが、何も目的意識を持たずに継続することは危ないとは思います。

ハッキリとした改善点を見据えた上での工夫や試行錯誤の末の継続は必ず効果が出ると思ってます。

 

しかしながら、その工夫や試行錯誤も自分だけの力で考えていくのはとても難しいことです。

なので、

<やはり先人の教えを信じて最初は分からずともやってみるということが必要になってくると思うのです>

 

そうしてやってみることで、自分の中でもなんらかの形で結果が出て初めてその効果を実感できます。

 

そしてここで大切なのはまず一つを継続してみること、音楽の話で言うと、1日の中で楽器の練習をできる時間というのは限られています。

その中でいろんなことに手を出すのももちろんそれは自由なのですが、

自分の中のまず改善できる点を定めて練習する、ということができればレベルアップの確率が上がります。

そして、それを継続できればもっとレベルアップする質が高まります。

自分でどんなところが改善できるかわからなければ、その道のプロに聞くのが一番でしょう。

音楽に関わらず、それは言えることだと思います。

今回はこんなテーマで書きました。

 

ご拝読いただきましてありがとうございました。

pianist 森田竜也

 

オンラインレッスン生もただいま募集しております。

詳しくはこちら↓

https://moritaryuyajazz.amebaownd.com/

 

 

ピアノの練習 【基礎は大切】五度圏について知ろう!

こんにちは ピアニストの森田竜也です。

今はピアノ講師を自営でやっているのとYouTubeに演奏動画やレッスン動画などをアップしたり、作曲や歌もやってます。

あとライブなんかもたまに、、

と色々やっております。

 

さっそくですが今日お話しするのは

''五度圏''についてお話ししようと思います。

皆さんはこの五度圏という言葉聞いたことはありますか?

僕が初めてこの言葉を知ったのはピアノを始めてから13年くらい経ったあとです笑

 

だいぶ後になってから知りましたが、

この知識を得た後はより一層ピアノへの理解が深まり今の基礎となったと感じてます。

 

なので是非この機会に皆さんも五度圏について知っておいて基礎を固めましょう。

 

さっそくなのですが、五度圏とは

12個KeyのメジャーKeyと12個のマイナーKey、合わせて24個のKeyを網羅するための図のことです。

サークルオブフィフスなんて英語で言われたりします。

 

五度圏の五度とは音楽の楽典でいう、度数のことです。

例えばC(ド)の音が1度なら

→G(ソ)の音が5度

といったようになります。

 

ピアノの音は7つの白鍵からなるドレミファソラシドと、5つの黒鍵のド#(レ♭) レ#(ミ♭)

ファ#(ソ♭) ソ#(ラ♭) ラ#(シ♭)

計12個の音で構成されています。

 

そしてそのそれぞれの音から始まる音階(スケール)というものがあり、例えばメジャースケールと呼ばれる音階は

ド-全音- レ -全音 -ミ -半音- ファ -全音-ソ- 全音-ラ- 全音-シ- 半音-ド

という感じでそれぞれの音の間の音程が決まっています。

この音程だけを抜き出すと

全全半全全全半 というふうに覚えることができます。

なので

メジャースケールの各音の音程はこれで覚えましょう。

全全半全全全半

そして大事なのはこの音程は他のメジャースケールでも変わらないということです。

どういうことかというと、今説明したのはKey Cのメジャースケールです。

ですのでドレミファソラシドという音で構成されたメジャースケールなのですが、これが

他の11個全てのメジャースケールでもこの音程の関係は変わらないということです。

例えばFメジャースケールは

ファソラシ♭ドレミファ

なのですがこの各音の音程も

全全半全全全半で成り立っています。

こんな感じで他の音から始まるメジャースケールもこの音程です。

これは押さえておくと後々の基礎になるので是非覚えましょう!

 

そしてここからが本題の五度圏についてお話しします。

まず12個あるメジャーKey(調)についてお話しすると、

#系と♭系という二つの種類に分けることができます。

#系のKeyは

G(ソ) Major Key

D(レ) Major Key

A (ラ)Major Key

E (ミ) Major Key

B(シ) Major Key

(F#(ファシャープ)Major Key )

 

♭系のKeyは

F  Major Key

B♭Major Key

E♭Major Key

A♭ Major Key

D♭Major Key

(G♭ Major Key)

 

そしてここにC Major Keyを加えると12個のメジャースケールが揃います。

F# Keyと G♭Keyについては

2つの表記方法で示されているだけで実際は同じ音から始まる全く同じ音階です。なので一つとしてカウントしてください。

 

そして大事なのが次です!

・ファドソレラミシ(#系)

・シミラレソドファ(♭系)

何かの呪文ですかね、、

 

先ほど紹介した#系と♭系のMajor Keyに関係するもので、それぞれ#と♭がつく順番を表しています。

どういうことかと言いますと例えば

#系なら

G Major (ファに#がつく)

例:ソラシドレミファ#ソ

D Major (ファとドに#がつく)

例:レミファ#ソラシド#レ

A Major (ファとドとソに#がつく)

E Major (ファとドとソとレに#がつく)

....

と続いていきます。

先ほどの呪文みたいなのはつまり、それぞれのKeyにつく#と♭の順番を示しています。

♭系はこんな感じで

F  Major Key (シに♭がつく)

ファソラシ♭ドレミファ

B♭Major Key(シとミに♭がつく)

シ♭ドレミ♭ファソラシ♭

E♭Major Key(シとミとラに♭がつく)

下記から省略...

A♭ Major Key(シミラレ)

D♭Major Key(シミラレソ)

(G♭ Major Key)(シミラレソド)

 

ボリュームたっぷりですがとっても大切な基礎です。

ゆっくりでもいいので少しずつ理解していきましょう!

実際に弾いてみるとより実感できると思います。

そしてここまで理解していただいたら、やっと五度圏について説明できます。

#系のKey群に注目して欲しいのですが、この並び

G Major 

↓完全五度上

D Major

↓完全五度上

A Major

↓完全五度上

E Major

↓完全五度上

B Major

 

完全五度でKeyが動く度に#が一つずつ増えていくのです。

この移り変わるKeyの様相を図で表したものが五度圏と呼ばれるものです。

 

そしてもう一つ♭系は

F(ファ)  Major ♭がつく音→シ

↓完全4度上

B♭(シ♭)Major ♭がつく音→シミ

↓完全4度上

E♭(ミ♭)Major♭がつく音→シミラ

↓完全4度上

A♭(ラ♭)Major ♭がつく音→シミラレ

↓完全4度上

D♭(レ♭)Major♭がつく音→シミラレソ

↓完全4度上

G♭(ソ♭)Major♭がつく音→シミラレソド

 

というふうに♭の数が増えていきます。

 

そしてこれらを覚えるのに役立つのが先ほどの呪文みたいなやつなのです
ファドソレラミシ!(#系)
シミラレソドファ!(♭系)

 

いかがでしたでしょうか?

これらは実際に鍵盤で弾きながら覚えていくといいと思います!

 

ここまでお読みくださりありがとうございました😊

 

ピアニスト 森田竜也

 

YouTubeチャンネル↓

Morita Ryuya - YouTube

レッスンホームページ↓

✏︎レッスンについて | 森田竜也 ピアノ教室

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノレッスン Key(調)の仕組みを知ろう!

こんにちは

ピアニストの森田竜也です。

 

今回はピアノの練習 Key(調)の仕組みを知ろう

ということで

ピアノをやっている方は絶対に知っておいて損はない(知っておいてほしい)

Key(調)の仕組みについてお話しします。

Keyの仕組みと言っても主に’’音程''のお話しです。

それでは解説していきます。

分かりやすくKey Cを題材に説明します。

f:id:jazzpopspianostudy:20200908152527j:image

 

この度数というものがまず初心者の方には最初の壁であると言えます。

音楽だけど数字のことも知らなきゃいけないんですか?と聞かれそうですが、

そう、別に知らなくてもいいんだけど

知ってたら絶対に後々役に立つと断言できますので、知っておいてください笑

この図の解説、ここまでは大丈夫でしょうか?

さて、この図に目を通してもらったら

次はこれ

f:id:jazzpopspianostudy:20200908152833j:image

12個あるMajor Scale?!

12個も覚えるの?!

と思われそうですが、白鍵7個と黒鍵5個があるわけですから、その数だけMajor Scaleも存在するわけです。

ですが、次の解説で仕組みを是非理解してください。

f:id:jazzpopspianostudy:20200908153123j:image

 

Major Scaleの成り立ちについてです。

まず、半音と全音という言葉の意味を理解して頂いたら、

全全半全全全半 という呪文を覚えましょう笑

これがなんのことかはこの図で説明しております。

12個全てのKeyのMajor Scaleはこの音程で作られています。

音程を理解することでMajor Scaleの成り立ちまで理解できます。

そしてこの話が後々、

コードを理解するのにも役に立ちます。

 

大事→つまり、コードを理解して伴奏に生かすことにも繋がっていきます。
初めての方はまだわからないかもしれませんが、必ず役に立つので覚えましょう!

 

今回はKey(調)の仕組みを知ろうというタイトルでお話しました。

(主にMajor scaleと音程のお話)

 

ここまでお読みくださりありがとうございました。

 

ピアニスト 森田竜也

レッスンホームページ↓

森田竜也 ピアノ教室

 

YouTubeチャンネル↓

Morita Ryuya - YouTube

 

 

 

ピアノレッスン コードの転回形を覚えると伴奏バリエーションが広がります。

こんにちは

ピアニストの森田竜也と申します。

 

ジャズやポップスのピアノの練習について有益になる情報をブログで発信しております。

 

記事タイトルはコード(和音)の転回形を覚えると伴奏バリエーションが広がります。

ということですが、転回形についてまずお話ししたいと思います。

転回形というのは例えばコードCと書いてあったら、基本は下からドミソと積むわけですがこれを

ミソド、ソドミ、という風に1番下にあった音を1オクターブ上へ移動させることでできる和音です。

こうなると使ってる音の種類は変わらないのですが、各音の間の音程が変化することで、響き方が変わります。

つまり私たちの耳に届く聴こえ方も変わるわけで、伴奏のシーンで使いこなせればバリエーションが増やせるということです。

あとメリットは同じ音域ばかりでなく違う音域での伴奏なども可能になることです。

これもバリエーションが増える、と言えますね。

なので是非コードの基本形が分かったら、この転回形もセットで練習してしまいましょう。

あなたがこの先、コードを使った多彩な伴奏をする上では必須の方法なので、是非コードの転回形も把握しておいて下さい。

 

転回形を練習するメリット

・各音の間の音程が変化するパターンを習得できるので、聴こえ方が変わり結果的にバリエーションが増える

 

・同じ音域でなく違う音域でのコード伴奏が可能になる→使いこなせば結果的にさまざまなシチュエーションに適した音域を自分で選べるようになる。

 

・コードCがあったときに、一つだけでなく何種類もの押さえ方が可能になり引き出しが増える。

 

この先コードを使って伴奏の幅を広げたい方は必須の練習になりますので、是非トライしてみてください!

 

ピアニスト 森田竜也

ピアノレッスン やる気がおきないのは心の底ではあなたがもう満足してるからです。厳しめ

今回はこんなタイトルです、

なかなかとがったタイトルですが決して読者を傷つけるために書いてるわけではありません笑

これ自分にも言える時があったので記事にしようと思いました。

とても革新的、いや核心をつく内容となっているので自分もそうなんじゃないかなーって当てはまる方是非読んでみてください!

 

今回のお話は結構深層心理的な話で、

自分でも気付いてない心理レベルでの話だと思うのでこれに気づけば正直有利だなと僕は思います。

モチベーションアップのおおきな助けになるでしょう。

 

ある日の僕

ピアノに向かうけど、なんかやる気おきなくて、集中力もありませんでした。

ふと思いました。

これもうすでに自分がもうピアノの技術や、表現において満足しちゃってるのが原因じゃないの(?)と

これを見てあんたどれだけ自分のことうまいと思ってるの?なんて思わないでくださいね。笑

もちろんそんなことは思ってません、

ですが深層心理的な意味ではもしかして自分でも気づかないレベルでそう思ってるのが原因なのでは?

と自分でふと、気づきました。

ピアノって本当に奥が深くて技術や表現、本当に終わりがないんですね。

これはいいミュージシャンなどを生で見れば見るほどそう思わされるのですが、(これは筆者経験から)

自分だけで練習しているとそれをふと忘れてしまう時もあります。

ですが面白いことに

自分がまだまだだと自覚した時はどんどん練習の幅が広がり

こういう練習もできる、これがまだできないと練習の段取りが見えてきます。

そうするとモチベーションがどんどん上がっていくんです。

心の底では(自分でも気付かないレベルで)自分の実力に満足しちゃってるなーと気づけるかどうかがカギです。

正直自分もこの意識になってるとよく気付いたなと思いましたが、

気付いた時にメラメラと練習意欲が燃えました笑

そんな気づきの手助けになればと思いこの記事を書きました。

 

それではお読みいただきありがとうございました!

 

ピアニスト 森田竜也

 

レッスンホームページ↓

森田竜也 ピアノ教室

 

YouTube チャンネル↓

Morita Ryuya - YouTube

 

ピアノレッスン ノンダイアトニックコードについて知ろう!

こんにちは

ピアニストの森田竜也です。

プロフィール↓

✏︎PROFILE | 森田竜也 ピアノ教室

 

今日はジャズピアノやポップスのピアノを弾く上で、また演奏のアレンジなどの観点からもぜひ知っておいて欲しいノンダイアトニックコードについてお話しします。

ダイアトニックコードについて知っているとさらに理解ができるので、まだ知らない方は是非下記の記事もご覧ください。↓

ピアノの練習 初心者必見 ダイアトニックコードを知ろう! - ピアノの練習ブログ

 

ノンダイアトニックコードについての解説を下図にて説明してます。

ここではJAZZのナンバーTake the A trainを題材に説明します。

f:id:jazzpopspianostudy:20200831120154j:image

黄色のまるで囲んだコードがノンダイアトニックコードです。

それ以外はKey Cのダイアトニックコードです。

ここまでは大丈夫でしょうか?

そして鍵盤の赤い点(小さくてごめんなさい)がノンダイアトニックコードのコードドーンです。

Key CのダイアトニックコードはC Major Scaleの音階から作られたコードなので、ピアノで言うと黒鍵の音は出てきません。

しかし今回の曲はノンダイアトニックコードのコードトーンとして黒鍵の音が出てきます。

 

そして次の図では押さえて欲しい大切なポイントを解説してます

3つあります。

f:id:jazzpopspianostudy:20200831120545j:image

 

この三つのポイントわかりましたでしょうか?

アレンジに使える大切な予備知識です。

実践と交えて理解しておくとより今後使えます!

 

それではここまでお読みくださりありがとうございました。

 

Youtubeチャンネルとレッスンのホームページもあるのでよろしければ是非ご覧になってみてください!

YouTubeチャンネル↓

Morita Ryuya - YouTube

レッスンホームページ↓

✏︎PROFILE | 森田竜也 ピアノ教室