ピアノレッスンブログ

ジャズピアノやポップスのピアノの練習方法や人生の中で楽しく続けていくための記事を書いていきます

ジャズピアノレッスン 耳コピ 楽譜に書かずに耳と体で覚えよう

今回はこんなタイトルの記事です。

今までフレーズや和音などジャズの耳コピを50曲以上経験してきた僕が得た耳コピをする上での学びを公開します。

 

その前に僕のプロフィールです↓

✏︎PROFILE | 森田竜也 ピアノ教室

 

結論から言いますと

ジャズピアノの耳コピは楽譜におこさずに耳と体で覚えた方が確実にあなたの財産になります!

(耳コピ自体やったことない方もこれからチャレンジする上で覚えておいて下さい)

●目次

耳コピって楽譜を使わずに耳で聴いたものを弾くんでしょ? なんだかとても難しそう

・ジャズピアノのを始めたばかりの方にやってほしい耳コピの第一歩

耳コピに慣れてきた僕が陥った罠

・ある時楽譜におこさずにひたすら耳コピしたものを反復練習するようにした

・耳と体で覚えるって具体的にどんな風にやるの? 耳コピは地道にコツコツ!

 

耳コピって楽譜を使わずに耳で聴いたものを弾くんでしょ? なんだかとても難しそう

ってほとんどの方はまず思うと思います。

確かに一筋縄ではいかない技術の一つですが、僕もかつてはやったこともありませんでした。

僕が初めてジャズピアノの耳コピをしたのは15歳の時です。当時アドリブのフレーズが全然何を弾いたらわからずに悩んでいた僕はBill EvansのEmilyというワルツの曲を耳コピすることにチャレンジしました。

 

 

ジャズピアノのを始めたばかりの方にやってほしい耳コピの第一歩

その時僕がやったことは

・和音ではなくアドリブのフレーズの単旋律(一つの音)を聴き楽譜に書き起こした。

ということです。

初めて耳コピをする人はまずこれをやってみることをおすすめします。

一つの音を集中して聴くこと、まずこれが第一歩です。そして、

一番最初は4小節でもいいので頑張って楽譜に書く

これだけでもいいです。

まずはやってみてください。

当時この曲のアドリブフレーズを楽譜にかけた時はBill Evansの綺麗なソロに感動した覚えがあります。

これが僕の耳コピのスタート地点でした。

当時ジャズをやり始めて1年経ったくらいの頃でした。

 

耳コピに慣れてきた僕が陥った罠

初めのうちはもちろん楽譜に書くということはとても大事で是非一度はやって欲しいのですが、耳コピに慣れてきた方へのアドバイスをします。

高校卒業後 国立音楽大学ジャズ専修を卒業した僕は耳コピに没頭します。

そして月に4本ほどのペースでジャズの曲を耳コピしまくるのですが、その当時全て取った音は楽譜に書きおこしていました。

楽譜におこすといつまでも残るし万が一忘れてもまた見れば弾けるやと思っていたからです。

しかし後になり楽譜を見ないとその耳コピした音が弾けないという事態に気づきます

それってつまり楽譜がなければ何の意味もない。のです、!!!

 
ある時楽譜におこさずに耳コピしたものを反復練習するようにしてみた

ある時から方法を変えてみました。

それは今まで楽譜におこしていた耳コピを耳と体で聴く→弾くを繰り返し、反復練習するだけにしてみました。

楽譜の時より弾けるようになるまでの時間はもちろん増えました。

1ヶ月経ったくらいにやっとその曲のアドリブフレーズを耳コピし終わりました。

しかし耳コピしたその曲は脳により定着してより強い記憶として残った実感がありました

今楽譜におこした耳コピを弾けと言われたら全く思い出せませんし弾くことはできません、これでは意味がないのです笑

しかし楽譜におこさずに自分の耳と体を何度も使い覚えたその曲のアドリブフレーズは強く自分の中に定着したという実感が芽生えました。

 

耳と体で覚えるって具体的にどうやるの?

この方法をお話ししようと思います。

YoutubeやCDなど何でもいいのですが、耳コピしたい音源の部分を聴きます。

聴いて→弾いて→聴いて→弾いて

という作業を何回も何回も繰り返します。

文字通り耳と体で何度も繰り返しやることで

聴こえてきた音のイメージと自分が出している音を同じように出してみることがカギです。

あとはリズムの感じやアクセント、強弱にも意識を広げて聴き取ってみましょう。

これをやるだけで得られるものは本当にたくさんあります。

そしてやっていくうちに自分の中に定着して、うまくいけばいつか自然にそれが出るようになります。

耳コピは効果が出るのが遅い、、
でもやらないと演奏の幅が広がらなくなる

ここは長い目で見て欲しいのですが、

正直なところ自分の演奏に変化が出始めるのは僕の場合は最低でも半年後くらいです笑

ただやらないと後々の成長に絶対につながらないと断言できます!

自分のものになったなーと実感できた時の喜びは大きいです。

 

是非最初はメロディやアドリブフレーズの単旋律でもいいので、耳と体で何度も繰り返し反復練習でやってみてください!

 

ここまでお読みくださりありがとうございます。

●オンラインレッスンもやっております。

詳しくはこちらのホームページ↓

✏︎レッスンについて | 森田竜也 ピアノ教室

 

YouTubeチャンネル↓

Morita Ryuya - YouTube

ピアニスト 森田竜也